--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-04(Thu)

失敗だらけの志賀ツーリング…その3

朝寝坊したおかげで、急遽予定変更して松本城&縄手通りへ。

その後も街をブラブラ歩きました。

松本城の外堀です。お堀の上に建物が建っていました。
結構老朽化が激しくて、せっかくのお堀の景観が台無しだよ
お堀1

電柱のカバーも石垣模様。徹底してますね。
お堀2


思いのほかいい街でブラブラと長居してしまい、気が付けばもう14時。


今から宿に向かうにはまだ時間が早くて、中途半端に時間が余っちゃったので、
松本盆地の縁の景色のいい場所を巡りました。
まず最初は松本城から5分ほど走ったところにある、アルプス公園に行きました。
アルプス公園1

公園にはチビッ子や家族連れが大勢いました。
おっさんが1人で歩くにはちょっと場違いな感じがしました。

公園の中央付近に博物館(有料)があって、5階部分は展望台になっています。
受付で展望台に行きたいと言えば、無料で中に入れてもらえます。
アルプス公園2

いい景色なんだけど、ガラス越しなのが残念…


時間も無いので長居せずに、次の目的地へ向かいます。

お次はアルプス公園の近くにある、芥子坊主展望台に行きました。
アルプス公園とは打って変って、こちらはひとっこ一人いない寂しい公園でした。

公園を歩いてくと展望台を発見。
芥子坊主1

らせん階段をグルグルまわって、てっぺんまで上ると松本市街が一望できました。
芥子坊主3

夜になったら夜景がキレイそうだけど、一人で来るにはちょっと怖いなぁ。

次は長峰山です。

芥子坊主展望台から少し距離があります。
今回走ったアルプス公園~芥子坊主展望台~長峰山へ向かうルートです。


まず目に入ったのが立入禁止の展望台
長峰山1

さらに進むと謎のオブジェ。何を意味してるんだろう…?
長峰山2

その先に絶景スポットがありました。またまたカップル発見
長峰山3
安曇野市が一望できます。
長峰山4

長峰山5

家族連れとカップルがいました。
長峰山7

長峰山6

絵になるねぇ~。

長峰山を出たのが夕方ごろ。
日が沈むと急に冷え込んできますね。

ジャケットは冬仕様のものを着てきたものの、パンツはジーパン1枚に夏用グローブ…
この格好で高速を走ると、もう寒くてたまりません。

冬用グローブを持っていなかったのでグリップヒーターでがんばりましたが、
手のひらはホカホカ、手の甲はヒエヒエの状態。

下半身はもっとヒエヒエです。

大型バイクなら足元はエンジンの熱で暖はとれるだろうが、FTRではそんなことは期待できず
寒さに凍えながらなんとかYHに到着。


ついてすぐにTVで台風情報を確認。

すると沖縄で乗用車が横転するほどの強風が吹いている…
しかも日曜日の夕方~夜にかけて静岡を直撃するって言ってる。

バイクミーティング会場に昼までいて、そこから帰宅すると台風と思いっきり鉢合せしてしまう。
かといって台風が通過するまで会場にいて、それから帰るのも翌日の仕事に響いてしまう…


もう出す結論は一つ。

朝イチに真っ直ぐ帰宅するしかありません…


朝食を食べた後、7時半にYHを出発。
自宅に着いたのは、12時半。

飯田インターを下りて治部坂を越えた辺りから、強風が吹き始めたものの
自宅に着くまで雨に降られることなく、帰宅することが出来ました。

帰宅して1時間後…
台風17号被害0

横殴りの雨…早く帰ってきて良かった。

結局自分が寝坊したおかげでミーティングに行けず、
いい景色は見れたものの、高速でクソ寒いおもいをするという
なんとも散々なツーリングとなってしまいました…

今回の教訓
ツーリング前に夜更かしをしちゃ~いけない。

走行距離  703km  



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

tag : 台風 FTR

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

えむっぱち

Author:えむっぱち
FTR223のカスタムやツーリングのことや、家庭菜園のこと、

最近、ケガや飲みすぎでサボりがちな、ランニングのことも書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

えむっぱち日記QRコード
QR
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。